史学研究会

事務局

〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学大学院文学研究科内
TEL & FAX:075-753-2787 e-mail:SHR@bun.kyoto-u.ac.jp

史林

当会の会誌『史林』は、1916年(大正5年)の創刊以来、刊行を続けています。

会誌『史林』

バックナンバー一覧

史林写真

史学研究会の会誌『史林』は、1916年(大正5年)の創刊以来、史学・地理学・考古学の総合学術誌として、幾多の論考を世に送ってまいりました。

あの第二次大戦末期の困難な時代にも、『史林』だけは停・廃刊することなく刊行を維持してきました。これは史学研究会のささやかな誇りのひとつです。

そして今後も、史学・地理学・考古学の研究に着実な基盤と斬新な展望をもたらす学術誌として、いっそうの飛躍を期しています。


最新号
← 前号
次号予定 →

第100巻 第2号(2017年3月)

【論 説】  
杉本陽奈子

紀元前四世紀アテナイにおける銀行家ネットワークの性質と機能

島本多敬

享保期の上方における幕府広域支配と大名預所—狭山藩の狭山池預所を事例に—

白木正俊 日本近代都市における水利事業の展開と慣行水利権—琵琶湖疏水鴨川運河における「伊藤水車」の水力使用をめぐって—
【書 評】  
笈川侑也・纓田宗紀・藤田風花・増永菜生 服部良久編著『コミュニケーションから読む中近世ヨーロッパ史—紛争と秩序のタペストリー—』
高嶋航

「小野容照著『帝国日本と朝鮮野球:憧憬とナショナリズムの隘路』」

【紹 介】  
吉田瞳 関哲行・踊共二著『忘れられたマイノリティ—迫害と共生のヨーロッパ史—』

Pagetop